マイホームの予算

マイホームを購入するとなると、予算を決めておかなければなりません。

 

住宅ローンにしても、日々生活しながら長い期間返済しなければならず、予算オーバーには注意したいものです。

 

マイホームの購入は、立地や設備の導入具合でだいぶ変わってきます。
当然、豊かに生活できるような状態であれば、多くの資金が必要になります。

 

住宅ローンの返済が滞ってしまえば、せっかく購入したマイホームを手放さなければならなくなることも考えられます。

 

ですから、購入前にしっかり価格調査を行い、それに見合った予算を確保しなければなりません。

 

まず、現在の貯蓄がどれくらいあるのかを把握して、住宅ローンを返済しても生活に支障がないかをチェックすることが大切です。

 

生活費や光熱費は毎月負担するので収入から差し引いて計算し、貯蓄や教育費はこれに含めないことです。

 

そこから、どれくらいの頭金が確保できるのか、毎月の返済に充てられる金額などを導き出します。

 

一軒家ではなく、マンションを購入するとなると、管理費、修繕積立金なども準備しなければならず、ローン返済以外のお金が必要になります。

 

マンション購入の場合は、このような支出も考慮して予算を決めなければならないのです。

 

いくらお気に入りの物件とはいえ、生活もままならないような資金繰りになる場合は、他の物件にするか、家計のやりくりで切り抜けるかを選択しなければなりません。

 

住宅ローンは、長期間に渡り返済して行くものです。
返済中に出産や転職、失業してしまうかもしれません。

 

万が一ということがないように、無理のない範囲でマイホーム購入を進めるようにしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。