マイホームはいつが買い時か

マイホーム購入で、まずはっきりさせておきたい点は、持ち家か賃貸かです。

 

どちらもメリット、デメリットがありますが長く住み続けたいのであれば、持ち家を選ぶべきではないでしょうか。

 

人生の節目をきっかけにマイホームの購入に踏み切る人が多くいます。
それは、結婚や出産をはじめ、介護、就職などきっかけは様々です。

 

このような人生の節目は、ただでさえお金がかかるので、購入資金を準備するのも大変です。
ですから、自分にとっての買い時がいつなのかを見極める必要があります。

 

持ち家のメリットとしては、高い資産価値になると同時に社会的信頼度もアップすることが考えられます。

 

持ち家だと購入時期を見極めるのが難しいですが、ライフステージごとに検討してみるのが良いでしょう。

 

就職をきっかけにマイホーム購入に踏み切るにしても、社会人になったばかりだと購入できるほどの貯蓄はないでしょう。

 

仕事に慣れて収入が安定し、最低でも頭金が用意できるまで貯蓄した方が安心です。
また、結婚や出産をきっかけにマイホームを購入する人もいます。

 

家族が増えることを考慮した場合、持ち家の方がおすすめです。
将来を見据えて考えてみて、持ち家のメリットが高そうであれば購入しても良いでしょう。

 

マイホームを購入するにあたっては、住宅ローンを組む人がほとんどです。
自動車ローンが残っている、転職で収入が不安定、生活費に余裕がない時期は、マイホームを購入する時期ではありません。

 

 

コメントは受け付けていません。