マイホームの資金作り

マイホーム購入には、たくさんの資金が必要になります。

 

マイホームの夢を叶えたいなら、資金作りにも配慮したいものです。
それには、資金計画を立てることになりますが、頭金をはじめ、住宅ローンの返済額、完済期日など最低限の出費をまず挙げるようにしましょう。

 

住宅ローンをいくら借り入れるかも加味する必要があるので、物件価格から頭金と購入諸経費を差し引いて試算してみましょう。

 

住宅ローンには金利が加算されます。
これを変動型あるいは、固定型にするか、ボーナス併用で返済するか、返済期間はどれくらいにしたいかなど生活に影響しない住宅ローンを選ぶことが大切です。

 

資金計画には、不動産会社のシミュレーション表を活用するのが良い方法です。住宅情報サイトでも試算することができるようなので、試してみてはいかがでしょうか。

 

金利や購入価格、頭金などの条件からシミュレーションすることが可能です。
また、繰上げ返済や退職金での完済を考えている場合は、デメリットも生じるので説明を受けておくようにしましょう。

 

マイホームの購入には、物件以外の費用がかかることも理解しておかなければなりません。

 

その代表的なものが引っ越し費用でしょう。
それに、万が一の出費のとめに貯蓄しておくことも必要です。
想定外の出費があると住宅ローンの返済にも影響してしまい、最悪の場合返済不能になってしまうかもしれません。

 

生活費は半年前後を目安として確保しておくことが大切です。

 

 

コメントは受け付けていません。