マイホームに競売物件を選ぶ

格安でマイホームを購入したいなら、競売物件を選んでみてはいかがでしょうか。

 

昨今の不況により、債権回収の目的で多くの物件が競売にかけられるようになりました。

 

競売物件だと不動産業など専門の業者が扱うイメージが強いですが、一般の人でもマイホームとして購入することができます。

 

競売物件の価格は、中古物件よりも2~3割前後安いと言われており、出費を抑えながらマイホームを購入したい人に人気があるようです。

 

競売物件だと仕組みが難しいと考える人もいるようですが、一般の競売と変わりありません。

 

物件が裁判所の公告によって競売にかけられるので、最高入札額となればマイホーム購入の権利が与えられます。

 

新聞などで物件の公告が掲載されているので、ここから入札手順などを確認しておきましょう。

 

条件に合う物件が見つかったら、保証金を裁判所指定の期限内に納付すると同時に入札書を提出するのが一般的な流れです。

 

入札した金額が最高額であれば「最高価買受申出人」となります。
これが決まった時点で売却決定期日が伝えられます。

 

売却決定期日までに所有権の移転登記などを済ませ、手続きが全て終われば、その物件を入手することができます。

 

しかし、事前に物件を確認することができないので、リフォームが必要になることもあるようです。
また、占有者がいることも否めないので、注意しなければなりません。

 

競売物件には、物件明細書という書類があるので、マイホームとして購入する場合は必ず確認しておくことが大切です。

 

 

コメントは受け付けていません。