住宅ローン控除の金額

住宅ローンの控除を利用して所得税を減らしたい方は多いと思います。住宅を購入したり、新築したり、増改築をして入居した年によって、どれぐらいの控除がなされるのかは変わってきます。取得した住宅が長期優良住宅であり、平成24年に入居した場合であれば、ローンの控除額は30~40万円です。10年間で、300万円~400万円までの控除を受けることができると言ったように、上限金額が決まっています。

 

これを同じような長期優良住宅に平成25年に入居した場合で見積もると、ローン控除額は一年で20万円~30万円となります。上限の金額も変わり、控除を受けることのできる金額は10年間で200万円から300万円です。住宅ローン控除で減税がなされる期間は、入居した年からむこう10年間までと決まっており、ローンの借入期間とは無関係です。控除対象となるのは長期優良住宅だけではありません。

 

取得した住宅が低酸素住宅であれば、特別優遇措置を受けることができます。低酸素住宅とは、建築・居住・破棄にあたって、二酸化炭素の排出が少なくなるよう作られた住宅です。低炭素住宅は省エネでもあるので、東日本大震災以降の電力不足に対する有効な手段として、建設が促進されています。低炭素住宅は、まだ広く浸透していないため、知らない方もいるかと思います。こうした低炭素住宅のようなものは社会全体の省エネにも役立つ環境負荷の少ないものですので、住宅ローン控除の対象とすることで普及が促進されているのです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。