契約解除したい場合

komatta250

せっかくマイホーム購入の契約をしても、キャンセルしなければならないケースもあります。

 

たくさんの物件情報を苦労して集め、その中からお気に入りの物件を見つけたなら、キャンセルするのは心苦しい限りでしょう。

 

しかし、どうしてもマイホームの購入契約を解除しなければならない理由もあるのです。

 

契約前ならそんな面倒ではありませんが、契約後の場合だと少し面倒かもしれません。

 

契約解除の理由としては、手付金の放棄や契約違反、特約関連が主なものです。さらに、クーリングオフ、瑕疵担保責任などが理由になることもあります。

 

マイホームの購入者側の都合によるものは、手付金の放棄と契約違反です。
購入者の義務として行うべきことが不履行だった場合に解除されるものです。

 

特約関連では、住宅ローンの借入れができないことで、売買不能になった事態を想定したものです。

 

確実に支払いが行われる対策として設けられる特約で、リスク回避の目的に利用されています。

 

クーリングオフ、瑕疵担保責任に関しては、マイホーム購入者側に有利となる解除方法です。

 

万が一、瑕疵などが確認された場合、瑕疵担保責任を適用させて契約解除を行うことができます。

 

一度売買契約を済ませてしまうと、簡単に解除できないケースもあるようです。中には、契約解除によって賠償金が請求されるといったこともあります。

 

このようなトラブルを未然に防ぐだめにも、購入契約する前にもう一度冷静に判断することが大切です。

 

 

コメントは受け付けていません。