契約時の注意

マイホーム購入の意思が固まったら、契約を行うわけですが、注意しておきたい点があります。

 

まず、マイホームの購入にあたっては、重要事項の説明を聞かなければなりません。

 

契約前の重要事項の説明は、宅地建物取引業法で定められているもので、関係書類を確認しながら受ける義務があります。

 

たくさんの事柄について説明されますが、登記関連の内容がほとんどで抵当権や物件の権利、登記簿謄本、日付の確認などが行われます。

 

さらに、状況確認として水道設備、セットバックの有無、私道負担、建ぺい率、建築基準法や都市計画法に遵守しているかなどの確認も行います。
いずれも、宅地建物取引主任者の手によって行われるものです。

 

マイホーム購入前の説明では、専門用語が多く飛び交うため、完璧に理解するにはそれなりの時間が必要になります。

 

しかし、専門用語でも分からないこと聞いておき、疑問点をできるだけ解消させておくことが大切です。
疑問点を残したまま契約してしまうと、トラブルに発展することも有り得るので注意しましょう。

 

そりに、口頭での約束が嫌なものがあれば、書面として明確にしてもらうよう依頼することも大切です。

 

書面ならトラブルに発展した場合の証拠にもなるので、必ず依頼しておくようにしましょう。

 

重要項目の説明が終了すれば、契約書への署名と捺印を行います。
これで契約成立になりますが、契約書を再度見直して間違いのないことを確認しておくようにしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。