買い替え目的での購入

hasiruko

 

マイホームを購入したい人の中には、買い替えを目的としている人もいます。

 

この場合、物件を売買することになりますが、両方の価格がどれくらいになるかが気になるところです。

 

手放す家にどれくらいの価格がつくかによって、新しいマイホームの購入額が変わってくることも考えられます。

 

これは、住宅ローンの残高も影響するので、希望するマイホームが限られてしまうかもしれません。
つまり、売却でどれくらいのお金が入るかで変わってくるので、ローン返済なども視野に入れてトータルで資金面のやりくりをしなければならないのです。

 

物件を買い替える場合は、売却価格をシミュレーションしておくようにしましょう。

 

住宅情報から売却しようとする条件に近い物件を参考にするとシミュレーションしやすいです。

 

また、不動産会社にお願いして価格査定してもらうのもひとつの方法です。

 

価格査定は、ほとんどの不動産会社が無料で行っているので利用してみても良いでしょう。

 

住宅ローンの残高については、融資残高明細表で確認しておきましょう。
住宅ローンを利用していれば、年に数回金融機関から送付されてくるはずです。

 

融資残高明細表には、月単位での引き落とし日をはじめ、金利額などが詳細に記載されています。

 

このような手順を踏み、売却価格からローン残高を差し引けば、どれくらいまでマイホームの購入資金が確保できるかが分かるようになります。

 

貯蓄があれば、さらに購入資金を引き上げることも可能です。

 

 

コメントは受け付けていません。