マイホームを住宅ローンで購入する

マイホームを購入する場合、住宅ローンを利用するのが一般的です。

 

住宅ローンの借入額は、物件価格の70%で設定する人が多く、残りの30%は頭金と諸経費になります。

 

住宅ローンには、金利が設定されますが、これにも種類があるので都合の良い方を選んで契約しましょう。
それには、次の2種類が代表的です。

 

まず、固定型の住宅ローンです。
その名の通り、金利が固定されているもので基本的に変動しません。

 

しかし、固定型にも種類があり、全期間金利固定型と呼ばれる契約時から完済まで同一の金利が適用されるもの、固定期間選択型と呼ばれる期間が過ぎたら変動型にも変更可能にものがあります。

 

さらに、特約期間中の上限金利決まっている上限金利特約型というものまであります。

 

ローンを選ぶには、民間のもの、公的なものもがあるのでラインナップを確認しておくようにしましょう。

 

住宅ローンの返済方法については、マイホーム購入時に契約したもので変わってきます。

 

固定型、変動型にするかはそれぞれメリット、デメリットがするので慎重に選ぶようにしましょう。

 

一般的に、固定型は好景気の時が有利で、変動型は低金利の時が良いとされています。

 

マイホームの購入には、たくさんある住宅ローンの中から自分に合ったものを選ばなければなりません。

 

ローンの返済は、生活にも影響してくるので、無理なく返済できるものを選ぶことが大切です。

 

固定型、変動型でそれぞれたくさんラインナップされているので、慎重に吟味するようにしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。