医療保険もクレジットカード払い

最近では、クレジットカードを使って公共料金の支払いが可能になっています。生命保険の保険料もクレジットカードで支払いできる保険会社が増えてきています。クレジットカードで保険料を支払うと利用者にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。一口にクレジットカードで保険料を払うといっても、具体的にどうするかは保険会社によって様々です。大抵は、加入時にカード決済の手続きをします。必要書類にカード番号を書く場合や、QRコードを読み取るだけで手続きができてしまうという便利な方法も採用されています。

 

保険会社が保険契約上の責任を開始する日は、申込書や告知書の記入日と第1回目の保険料の支払いがあった日のどちらか遅い日となっています。クレジットカードで保険料を支払う場合には、第1回目の保険料からクレジットカード払いになります。この場合、クレジットカードで決済可能な状態になったことを保険会社が確認できた日になります。その場でQRコードを使って手続きすればすぐに確認できますが、申込書を提出する場合には、少し保険の開始時期が遅くなるので注意する必要があります。

 

月々の保険料をクレジットカードで支払うことによって、カード決済に応じて入るポイントが自動的にふえていきます。ずっと保険に入り払い続けていれば、それだけクレジットカードのポイントも入ります。医療保険などの保険料は決まっているものですが、値引きしてもらうことはなかなか出来ません。クレジットカード払いであれば、特典が付くので値引きしてもらうのと同じような効果を得ることができるので、利用する人が増加しているのにも納得がいきます。

 

 

 

コメントは受け付けていません。