マイホーム購入の様々な費用

マイホームの購入は、物件の代金だけを支払えばそれで終わりというものではありません。
物件代金の他に諸経費が必要になるので忘れないようにしましょう。

 

物件を売買するような場合は、諸経費の他に仲介手数料も負担しなければなりません。

 

マイホームの購入で耳にする売り主とは、販売する側の総称として考えられています。
しかし、厳密に「売り主」とは不動産会社が建築を請け負い販売することです。

 

さらに「代理」とされる不動産販売会社が代行して販売するもの、「媒介(仲介)」とされる売り主と買い主の中間的存在のものとがあります。

 

新築物件であれば、仲介手数料を支払う必要がありません。
なぜなら、建築が売り主の手で行われている上に直接販売しているからです。
これは、代理であっても仲介手数料は必要ないとされています。

 

手数料が必要になるケースは、販売提携を行っている場合です。
中古物件をマイホームにしたい場合は、仲介手数料が必要になります。
これは、物件が個人の所有物であることで、仲介業者に販売を依頼しているからです。

 

この手数料は、売買価格の3.15%+63,000円と決められています。
つまり、中古物件でマイホームを購入するには、物件代金、諸経費、仲介手数料が必要になるということです。

 

このことで、莫大な資金を準備しておかなければならないので、スケジュールと目標を立てて貯蓄するようにしましょう。

 

購入後は、引越し費用や家具、家電といった家財道具の費用も準備しておかなければならないので忘れないようにしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。