援助を受けてマイホームを購入する

マイホームの購入は、莫大な資金が必要になるため援助が心強い見方になってくれます。

 

援助があれば、住宅ローン返済の負担を軽減できるので、少ない収入でもマイホーム購入に踏み切ることができるでしょう。

 

確かに、援助があればマイホーム購入のたしになりますが、注意しなければならない点があります。
それは、課税対象になる援助です。

 

住宅取得の資金贈与で非課税とされるのは500万円までです。
援助を受ける場合は、この金額を超えない範囲で協力してもらうと良いでしょう。

 

これは、一回の援助が対象となるので、500万円未満で繰り返し援助を受けても非課税になります。

 

また、マイホームの購入に相続時精算課税制度を利用するのも良い方法です。
適用条件をクリアすれば、2500万円が特別控除になります。

 

これは、住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例として規定されているので、適用可能かどうかを調べておくようにしましょう。

 

マイホームを新築一戸建てで購入する場合は、親の土地があればそれを提供する方法も行われています。

 

土地の代金がカットされるので、住宅ローンの借入額が嵩んでしまうこともありません。
それに、物件の持分比率を設定して、価格の数十%出資してもらうことも可能です。

 

この場合、共同名義になるため贈与税の対象になりません。
この方法は、いずれ同居する予定がある場合に効果的な方法です。

 

物件の購入費用だけでなく、家財道具や引越し費用などを援助してもらうのも悪くありません。

 

 

コメントは受け付けていません。