マイホームに中古物件を選ぶ

マイホームを割安で購入するなら、中古物件を選ぶのも悪くありません。
中古物件は、価格以外にも優れたところが多くあります。

 

住環境にこだわる人に人気があるようで、交通の便が良かったり、銀行や病院、スーパーがなどが近所にある物件も多数存在します。

 

都市開発エリアで中古物件が販売されることが多く、生活しやすい環境でマイホームが購入できるかもしれません。

 

新築一戸建ての場合、完成してみないと間取りや内装の出来栄えがチェックできませんが、中古物件ならもう建築済みです。

 

マンションなどであればモデルルームで確認することができますが、新築一戸建ての場合は難しいのが現実です。

 

中古物件は、すぐにチェックすることが可能なので、スムーズな物件選びに繋がります。
しかし、中古物件のデメリットは家の古さでしょう。
長く使われてきた物件であれば、それだけ古くなっているので、雨漏りや外壁、床や壁などの状態をくまなくチェックする必要があります。

 

リフォーム費用は、物件が古ければ古いほど嵩んでしまいます。
返済計画を立てる上では、リフォーム代金を加味しておいた方が安心です。

 

住宅ローンに関わる部分では、資産価値の低下が考えられます。
中古物件の場合、どうしても低い資産価値として扱われてしまいます。
このことで、住宅ローンの完済時期が早まってしまう可能性も否めません。

 

マイホームの購入で中古物件を選ぶ場合は、物件のことだけでなく住宅ローンのことも配慮する必要があります。

 

 

コメントは受け付けていません。