マイホーム購入の頭金

013260マイホームを購入する場合、まず頭金を準備しなければなりません。

 

頭金は、物件代金の一部に該当しますが、これを支払えば契約が済んだ証拠になります。
代金の一部になるので、住宅ローンにも影響してきます。

 

頭金をたくさん支払っておけば、その分住宅ローンの借入れも安くなるのです。ですから、頭金を大目に支払っておけば、ローンの返済にも余裕が出るのではないでしょうか。

 

マイホームの購入では、ほとんどの人が物件価格の20%で頭金を支払っているようです。

 

住宅ローンの中には、頭金不要のフラット35というものもあります。
フラット35ならすぐに契約可能といえますが、頭金がない分多く借入れしなければならないので返済の負担が大きくなってしまいます。

 

せっかくマイホームを購入しても、先々ローンの返済がままならなくなることも考えられます。

 

頭金なしなら購入に踏み切りやすいですが、返済のことを考えると難しいものがあるでしょう。

 

マイホーム購入を決めたら、購入時期の目標を立てて、それに合わせて頭金が準備できるようにしましょう。

 

生活費を節約しながら貯蓄するのも良いですし、定期貯金、定期預金などを利用するのも良い方法です。

 

また、マイホームの購入には、頭金だけがあれば良いというものではありません。

 

つまり、諸経費が必要になりますが、中古物件で5~10%、新築物件で3~5%になります。
いずれも物件価格から算出して行きます。

 

諸経費と頭金を含めた場合、マイホーム購入時は物件の30%前後の費用があると安心です。

 

 

コメントは受け付けていません。